水鳥のように自由になる~音叉ヒーリング④~

今回は、ポジティブな感情に変換する「二本の音叉」を使ったヒーリングと「サンプル音源」で行うセルフケアについてです。音叉ヒーリング①では、感情をニュートラルにすることについて述べてきました。音叉ヒーリングの素晴らしい点は、心身のバランスを取り戻すだけでなく、感情をニュートラルにした後に、”望む未来を創りだす”使い方ができる点です。

大事なことは、丁寧に感情と向き合いながら、過去に「繰り返されてきたパタン」をきちんと終了すること。その上で、あなたの「本当の願い」を明確にして、ゴール設定をすることです。(このプロセスについては音叉ヒーリング②参照)ゴール設定をしたら、あとは、チャレンジモードで行動する。このプロセスは、「メンタルトレーニング」でも行うのですが、その際、「二本の音叉」がとても有効です。

■個人セッションでのゴール設定

例えば、対面セッションでは5本の音叉から直観的”ぴんとくる”に「2本の音叉」を選んで頂きます。(それが、今のあなたの身体が必要としている音になります)それぞれの音叉に対応する感情と臓器があるのですが、例えば、本当は、自由に飛び回りたいのに、納得できなくてモヤモヤししていることが多く、一歩踏み出せないでいるという方は、下記の二本の音叉(水と土)を選ばれることが多いです。土の音叉は、大地を表すもので、胃や脾臓などの消化器官と、また、地に足をつけて行動できず消化不良という感情と関係しています。

「情報が多すぎて納得できないまま行動してしまった」「なんでこんなこと言われなければいけないんだろう」「私の人生どうしていつもこうなんだろう」という納得できない感情が次から次に出てきて消化不良になってしまっている・・そんなイメージです。そのようなときに、「二本の音叉」でノイズをキャンセルしていきます。(これについては、音叉ヒーリング③参照)

通常、芋づる式に色々な感情がでて、眠りが浅くなったりするので、何に困っているのか、どのように感じているのか丁寧にその感情と向き合い、音叉ヒーリングで音のシャワーを継続的に浴びながら、繰り返されてきた考え方や感情などのパタンをキャンセルしていきます。水の音叉は、腰や膀胱の消化器官と、また、不安や恐れの感情と関係しています。

例えば、高齢の方ですと「トイレに行く回数が増えて心配」ということから、ますますその回数が増えてしまったりするのです。つまり、自分で考えたことが実現してしまうのです。ですので、まず、心理的な側面にアプローチして、音叉ヒーリングでリラックスしながら不安なことを話して頂くことから始めます。その上で、”今日という一日を楽しく過ごせるようにする”というようにゴール設定していきます。ゴール設定には、日々の行動をイキイキさせることから中長期的な夢の実現まで色々ありますが、基本的なイメージは次の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.気づいていない恐れや怒りやネガティブな過去や感情を音叉で溶かしてしまう

 (特に、感受性の強い方におススメです)

2.”心身が心地よい”状態を創りながら、望む未来をイメージして心身の一体感を作り上げる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どのような場合でも、最初に、音叉の音と共に、”モヤモヤした感情を吐き出す”イメージを行い、その後、”望む未来”を設定。その方にとって最適な状態を想像できるポジティブなアファーメーションと共に、ご自身がイキイキと行動している姿をありありとイメージして頂きます。

音、呼吸、リズムで周波数をあげて、「満たされる」という感覚

身体全体、そして、細胞レベルにまで、じわじわと定着させていく・・

15分のイメージトレーニングは1時間の睡眠に匹敵します。やすらぎのひとときで脳も活性化。実際は、お話をしながら行うので、「気持ちがスッキリして、癒されながら楽しかった♪」と言われることが多いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記は、水と土の二本の音叉のサンプル音源(約1分)で行う「セルフケア」についてです。

1.まず、ゆったりと深~い呼吸を3回しながら、下を向いて、”モヤモヤする感情”を吐き出してみてください。気持ちがスッキリするまで何度か繰り返し行ってみてください。そして、「本当はどんな自分になりたいのか?」「どんな人生を望んでいるのか?」ご自身に問いかけてみてください。

2.次に、手を広げ(胸を拓き)、手のひらを上にして空を見上げ、天に身をゆだねながら、1で明確にした「あなたの理想の姿」や「あなたが心から望む人生」についてありありとイメージしてみてください。ゆったりと穏やかな感じや気持ちが良くなるまで何度か繰り返して行ってみてください。

3.1と2の違いを感じてみてください。頭だけの理解でなく、「心身が一体化」してくると、その「願い」と同じ方向に向かって身体が動き始めます。まずは・・

「いつもありがとう」と身体に語りかけて・・あなたの身体に関心を向けやさしさを取り戻す

「セルフケア」のひとときにどうぞ。

 

 

次回は、怒りの感情との向き合い方についてお伝えします。

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

 

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です