ストレスからの解放~“喜び”を見い出す時間を作る~

人生、仕事の展望を広げ、”今”を輝いて生きるために「ストレスからの解放」をテーマに、働く女性向け「ストレスコントロール」セミナーを開催した際、次のようなアンケートにYes 、Noで答えて頂きました。

1.「自分が何にストレスを感じているかわかっていますか?」

2.「どのようにストレスに対処したらいいかわかっている」

_____________________________________________

1 については、約70%以上の人がYesと回答されましたが、

2 については、約40%の人がNoと回答されました。

つまり、5人に2人がストレスの対処方法についてわからない と回答されたのです。

「ストレス」を感じる要因や感じ方は人それぞれですが、大事なことは、

①自分がストレスを感じやすいタイプなのか

②どのようなときにストレスを感じるのか

③ストレスを感じたときの対処方法を知っているか

ということを自覚しているかどうかなのです。どうしても、強いストレスがかかると、「トンネル状態」、つまり、「トンネルの中にいるように、このままずっと続く」と思ってしまいがちです。

でも、大丈夫。視野を広げてみると・・必ずその先には、抜け道があり、希望の光があるのですから。

■あなたは「おひとり」派 VS「大勢」派!?

仕事が大変だったり、人間関係でなんだか、嫌なだと思ったりすることがあったとしても、あなたが心から喜ぶ時間が増えれば、少しずつ、ストレスから解放されていきます。

喜び時間 ≧ ストレスを感じる時間

あなたが幸せを感じたり、日常の中で自分が「ワクワク」する時間を持っていますか?週末でワーと楽しい時間を持つことで発散させるという人もいるでしょう。それも大事なことですよね。でも、毎日の暮らしの中で“喜び”を見い出す時間を持てれば、もっと心が豊かになります。まずは、自分が好きなことを毎日の生活の中に取り入れてみる。毎朝、花の成長を楽しむ。ペットと戯れる。思い切り踊る、好きな音楽を聴くなど、あなたが心地よいと思うことはどのようなことですか?

人に会うことが多い人は「静かな時間」を、普段一人でお仕事をしている人は「人と触れ合う時間」が心地よいと思うかもしれません。「おひとりさま」という言葉がはやりましたが、いくら「ひとり」でいるのが好きだという人でも「みんな」と楽しむ時間も欲しいはずです。

今の生活を振り返って、「静」VS「動」のバランス「ひとり」VS「大勢」のバランスを少し変えるだけで、きっとワクワクする自分に出会えるはずです。

■「感謝」の連鎖が生み出すもの

人はみな習慣となっている行動パターンがあるはずです。それは、「安定感」を生み出すと同時に「マンネリ化」にもつながります。だからこそ、“新鮮さ”を保つこと、それが若さを保つ秘訣でもあると思うのです。

まずは「オープンマインド」で好きなことを追求し、“喜び”を見い出す時間を作りましょう!

そして、それをできる自分に「感謝」してみましょう。

「感謝」をすると大脳から非常によりホルモンが出ることが知られています。

まさに「感謝にまさる恵みなし」というところでしょうか。まず、自分自身が楽しむこと。実は、それがあなた自身のエネルギーが高まり、「自己イメージ」を高めることにもつながっていくのです。少し余裕ができたら、次は、人に喜んでもらえることを考えてみましょう。「ありがとう」という一言は何ものにも代えがたいものです。今日から周りの人に喜んでもらえることを考え、実行してみましょう。

そのとき、見返りを期待しないこと。

“Its my pleasure”という気持ちであくまでも自分自身の”喜び“を素直に表現してみてください。それは、いつか大きな力となってあなたの元に返ってきますよ。

 

”今”の自分を肯定するはこちら

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です