人生に”情熱”を取り戻す~音叉ヒーリング②~

パートナーや親しい人にうまく自分の気持ちを伝えられないとき、胸が苦しくなったり、胃に何かがつかえているような違和感を感じることはないでしょうか?あなたに”喜び”が満ち溢れ、ハートをオープンにすること。それが、「火」の音叉ヒーリングです。人はみな、”喜び”に満ち、あふれる情熱を心に抱いて生まれてきたと思います。それが、いつしか周囲の期待に応えようと必死になったり、周りの人に影響されて、本音を伝えられなくなってしまったのかもしれません。人に気を遣っている人、人を喜ばせたり、人を癒したりする仕事についている人ほど、他者の感情に敏感に反応して「本当の自分の気持ち」抑えてしまいがちなので要注意です。

まずは、あなた自身の心に灯を。

人生は自分を愛する旅です。私自身は、「ゆさぶる、ゆるす、ゆだねる」生き方を提唱しています。特に、パートナーシップや人間関係がうまくいかないと感じているときは、音の波動で心身をゆさぶり解放してあげることをお勧めしています。「なんであの人は私の気持ちをわかってくれないんだろう」とか自分以外の他者に考えが向かないように、音のシャワーを浴びて心身をリラックスさせて、心身を調和に導くことが大事だと思っています。

■ネガティブな感情は、”瞬時”に相手に伝わる

色々と考えて頭をめぐらて感情的になっているときのことを想像してみてください。そのとき、どのような状態になっているでしょうか?あなた自身が自分を愛せない状態を作っていませんか?パートナーシップやコミュニケーションで、自分の本音や素直な気持ちを伝えたいのにうまくできないとき、ついつい相手の批判をしたくなってしまうことが多いですよね。そんなときは思い出してほしいのです。全ての物質は固有のエネルギー(周波数)を持ち、共鳴し合っている・・ということを。

愛ある人の周りにいたらいつの間にか、愛ある発言で周りがポジティブになった、ハッピーになった。そんな経験はありませんか?それと同じで、そのネガティブな発言をする人が周りにいると、気分が落ち込んで人が離れていく。言葉は言霊。波動というパワー、エネルギーを持っているのです。例えば、いつも同じ家にいるパートナーや家族、職場や仕事のパートナーであれば、言葉を発しなくても表情や態度でわかってしまいますよね。つまり、感情”という心身が発している周波数が、パートナーや相手に波動として瞬時に伝わってしまうのです。

だから、ネガティブな感情を抱いているときに発している言葉は、愛のある言葉ではなくなっている可能性があるのです。では、どうしたらいいのでしょうか?

あなた自身を”愛”で満たしてあげること。

あなた自身を”優しく”あつかってあげること。

それが、相手との心の距離を縮める近道なのです。

音叉ヒーリングは、脳を活性化し、過剰に反応しているネガティブな感情エネルギーを取り除き、本来のあなた自身に戻れるよう、細胞レベルに働きかけてくれます。つらいと感じているときには、額や目の周り、頭頂部、胸や胃の辺りに手をあてて、ゆっくりと呼吸をしながら音叉ヒーリングをしていくことで、気持ちがスッキリしていきます。リラックスして冷静さを取り戻したところで、「本当はどうしたかったのか?」自分の心の声と向き合うこと。それからパートナーとコミュニケーションすること。

つまり、「心身を解放した状態」でコミュニケーションすることが大事なのです。

まず、エクササイズとして下記のハートをオープンにする音叉に身をゆだね、ゆっくりと深い呼吸をしてみてください。呼吸の基本は、「鼻から吸って、口からハ~と吐き出す」これをゆっくりと行っていきます。あなた自身の呼吸と音だけに集中して、自分自身が”今”ここにいるという感覚を味わってみてください。今、あなたがどのように感じていても大丈夫です。ネガティブな感情が出てくるようであれば、「○○という感情はもう終わったことだよ」というふうにご自身に語りかけながら、”声に出して”感情を吐き出してみてください。そして、

あなたから出てきた感情は、全てゆるしてあげてください。

愛で溶かしてあげてください。

あなたの人生に情熱が戻ってきますように。

 

続きはまた今度。

 

人生にバランスを取り戻す「音叉ヒーリング」♪

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です