心と空間をスッキリさせるイメージトレーニング

部屋に物があふれてストレスを感じる人はとても多いですね。思考と空間をスッキリさせてシンプルライフを送りたいと思いませんか?整理整頓されていないとどこに何があるかわからないばかりか、同じものを購入したりして時間もお金もかかり不経済ですね。そして何より、空間にぎっしり物がつまっていると、思考もつまった状態になり判断がしにくくなります。では、どうすれば実行できるのでしょうか?

何かを変えたいと思ったら、まず、「こうありたい」という状態を思い描くこと。これは、ここ一番というときにメンタルトレーニングで行うメンタルリハーサル、つまりイメージトレーニングのことです。「どうしても実現したい!」という強い願いが生じると脳はその方向へ命令を出すからです。この段階が中途半端だと常に同じような状況で”イライラ”する日常を繰り返すことになるので要注意です。

■部屋のイメージトレーニングで見えてくる「心」のあり方

まず、イメージトレーニングの入門として、自宅の空間をイメージしてもらいます。これは、あなたが実際に部屋にいないときに思い起こすことができるかというトレーニングです。初めて部屋に入って眺めるように、注意深く見ていきます。そして、家具やドアの位置、色、手触り、香りに至るまで鮮明に思い出します。あなたの部屋をイメージしたときにどのように感じるでしょうか?良い印象でしょうか?気分は良いでしょうか?この段階で、多くの方が目をつぶってイメージをされるのですが、「う~ん」と何やら困った感じで、顔をしかめたり表情が曇ってくる人は、整理整頓されていない状態で不具合を感じる方が多いです。

ある30代の女性がメンタルトレーニングの個人セッションで気づかれたのは「押し入れの中がつまっていて窮屈な感じ。なんとかしたい!」というものでした。ご家族と同居されていて、家事は全てお母さんがやってくれます。ご自身のお部屋には仕事服や趣味の物などがたくさんあるとのこと。押し入れの中身も何が入っているのかすら思い出せない。開けたら物が出てくるのがいやで、”閉めたまま”だというのです。これは何を意味するでしょうか?

話をさらに伺うと、なんでも嫌なことがあると「ふたをしてみないようにしてきた」というのです。つまり、問題や課題となったことに目を背けて、本質的なことを避けてきた自分に気づいたのです。恋愛で傷つくたびにそのときの思い出の服や物を押し入れに放り込み、その後は仕事中心の生活を続けていたそうです。その結果、体調が悪くなり、いよいよ自分が直面していることに取り組むことにしたのです。メンタルトレーニングは6回行いましたが、最初に行ったことは、丁寧に自分の感情と向き合うことでした。人を好きになり、お別れするたびに、見捨てられたと感じて不安になる。自分が嫌いになる。そんな自分ととことん向き合うことにしたのです。

その勇気を認め、自分を肯定するようになり、少しずつ自分を好きになっていく。

そのプロセスを通じて、ため込んできた問題を愛で溶かしていったのです!

するとどうでしょう?少しずつ、自分を大事にする感覚が身につき、笑顔が蘇ってきたのです。他者に依存しなくても自律して生きていくことが自分の本当の望みだということにも気づかれました。「持っている物のほとんどが、自分に似合わない。もう必要ないという感覚」になっていったのです。この段階までくると早いですね。不要な物を手放していかれました。例の押し入れも出し入れがスムーズになり、気持ちもスッキリされたのです!

「物」との関わりを通じて、自分の「心」と向き合う 

「物」を整理することは、「心」を整理すること

「空間」を整理すると、「思考」も整理される

私は、子供のときからお部屋の片づけや空間把握、整理整頓は好きで、メジャーを片手にお部屋のイメージを考えることは大好きでした。ですが、片づけコンサルタントではありません。シニアライフサポートの一環として、現場に出向いてお片付けのアドバイスをすることはあります(この場合は、雑誌のようなキレイな空間を目指しません^^)が、実際に彼女の部屋=現場に出向いて物の整理整頓を手伝ったわけではありません。

気づきと脳の活性化を通じて、”心”の整理を行っただけなのです。

「物」は「心」を表すバロメーターでもあるからです。

■あなたが「本当にしたいこと」は何か?

今度は、実際のあなたの部屋や家の中にある物を実際に眺めてみてください。どんな物が多いでしょうか?まず、「あなただけの物」に着目してください。例えば、洋服、本、スポーツ用品、キッチン用品・・というふうに。あなたの歴史の中で時間とお金をかけてきたものは何でしょうか?それをまず、把握してみてください。ポイントは、探偵団のように「まるであなたのことを知らない誰かが、その物を眺めている」そんなイメージです。

そのとき、あなたの部屋から、その人がどのような人物に見えますか?センスの良い人?知的な人?運動神経の良い人?料理上手な人でしょうか?その中で感じた、「○○な人」は、今のあなたの目指すイメージと合っているでしょうか?もし合っていないと感じる部分があれば、もうそれはあなたにとって必要のないカテゴリーになるでしょう。?「あると便利」という理由で物を買ったり、何か満たされない想いがあって、衝動買いをしたりしていた時期があったかもしれません。そんなふうに気づいたことをメモしてみてください。

もし、理想の空間があるとしたら、あなたが本当に必要なものは何ですか?素敵な雑誌に惑わされずに本当に必要なものだけを思い描いてみてください。真っ白な紙に書いてもよいでしょう。その理由も書いてみてください。あなたが大事にしていることは何でしょうか?それは、リラックスしてくつろげる空間でしょうか。身体を動かせる空間でしょうか?まず、「あなたが大事にしていること」に気づくこと。そして、「あなたが大事にしていること」が、あなたの部屋という空間の中で反映されていれば理想的ですよね。

空間を整理して気持ちスッキリ

大事なことに集中できますように

 

集中ーリラックスー創造を生み出すオーダーメイドプログラム

「メンタルトレーニング」についてはこちら

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

 

 

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です