水鳥のように自由になる~音叉ヒーリング②~

元気に振舞っているけれど、心身にストレスがたまっている。かつては自由に飛び回っていたのに、今は活動できていなくてモヤモヤする。色々と試してみたけれど、なぜか元の状態に戻ってしまうなど、「好調なときとそうでないときがあるのはどうしてだろう」と思ったことはありませんか?

東洋医学では、自然界におけるすべてのエネルギー、つまり、森羅万象(しんらばんしょう)におけるエネルギーは、木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん)、水(すい)の5つの元素からなるという考え方(これを「五行論」と言います)があり、5行のバランスが崩れることで体調不良や病気を招くと考えられています。前回紹介した「水」の音叉は、「みず」ではなく「すい」と読みます^^。「音叉ヒーリング」の導入として「水の流れ」を意識してもらうことは大事だと考えているので、「水」の音叉のお話からしています。前回の内容についてはこちら⇒水鳥のように自由になる~音叉ヒーリング①~

実際の「音叉ヒーリング」はワークが中心ですが、順を追うごとに理解が深まるよう理論的な背景も説明していきますね。「五臓六腑」という言葉は聞いたことはありますよね。私は、太極拳や中国拳法を通じてストレス解消はもちろん、身体の血行や氣の流れが良くなることを実感したのですが、そのゆったりとした動きの中に、驚くべき秘密があり、「五臓六腑」やそこに関連する経絡を刺激し、心身のバランスを図る設計であることを知りました。

人間の臓器である五臓(肝、心、脾、肺、腎)のエネルギーの周波数はそれぞれ異なりますが、各臓器と同じ周波数を再現したのがカラー音叉なのです。肝臓と関連する「木」は、1024Hz、心臓と関連する「火」は、289.5Hz、脾臓と関連する「土」は、264、0Hz、肺臓と関連する「金」は、2028.3Hz、腎臓と関連する「水」は、380.1Hzとなっています。といっても、ぴんとこないかもしれないですよね。「水」を例にとって考えてみましょう。例えば、音というのは、1秒間に”何回波があるか”で周波数をあらわします。1秒間に1回の波であれば、1Hz、1秒間に380回の波であれば、380Hzということになります。

人間の身体は70%が水ででいているので、リハビリにおいては、超音波で高周波のエネルギーを身体に、回復を願う高い気持ちと共に回復が早まる・・そんなケースを何度もみてきました。問題は、身体的な怪我ではなくなぜか調子がでないというケース。

音叉ヒーリングの素晴らしい点は、自分でも気づいていない潜在意識にあるストレスを洗い流してくれる点です。

■全てを「水」に流していく

「音叉ヒーリング」セッションで私が最初に行うのは「水」のエクササイズです。”ネガティブな感情”を水に流し、「浄化力」を高めていきます。呼吸をしながら、長年抱きかかえてきた問題やそれとセットになっている”ネガティブな感情”を「音叉ヒーリング」と共に水に流していきます。セッションでは、私が誘導していきますが、ご自身でやる場合は、「繰り返される問題を粉々にして水に流す」イメージをしてみるといいですね。

次に、森羅万象の全てを俯瞰して「展望力」を高めていきます。

さらに一歩踏み込んで、星空からあなたを見つめます。

若くして海外経験があり、様々な経験をする中で周囲の人との距離感や感情のコントロールに不安を感じていたアーティストでもある大学生の男性と行った「音叉ヒーリング」のセッションでは、天空を超え、その方の住んでいる地域から、アジア全体、オセアニア、アメリカ大陸、ヨーロッパ・・と地域を広げながら自分を眺めるエクササイズを行いました。セッションの後「あっ、これはいつもやっていることですね」とホッとされた表情。グローバルな感性、アーティスト、ひらめきを感じる人は自然にやっている。そんな風に感じています。

■「音叉ヒーリング」の具体的な手順

私が、個人セッションやグループワークで行っている方法をご紹介します

①現状の課題の明確化:心身に関すること、(肉体的な痛み)人生に関すること、仕事や人間関係、家庭やパートナーシップ、経済的な課題などどのようなテーマでもかまいません。どのようなことが問題なのか「現状の課題」を明確化していきます。このとき大事なポイントは、「繰り返してきたパタン」を明確にすることです。ご自身で気がついていない場合は、ライフヒストリーを伺いながら、カウンセリングで洗い出していきます。(すでに課題は、「明確化」されているけれど、それを解消する方法がわからないという場合は、カウンセリングは短くなります)

②心身のバランスを取り戻す:「音叉ヒーリング」をしながら、呼吸でリズムを整えていきます。次に、瞑想でリラックスしながら繰り返してきたパタンをイメージしてもらい、それを「終了する」=ワークを行っていきます。ラベルのように貼られた本来の自分でない「感情」を丁寧にヒーリングして溶かしていきます。同時に、これまで「問題」だと思ってきたこと、それをしてきた自分をゆるしてあげます。肉体的な緊張や痛みがある場合は、それを和らげる動作や振る舞いを一定期間繰り返し、心身のバランスを取り戻していきます。

③本当に望む「願い」を明確にする:この段階で改めて、自分の人生で本当に望む状態や「願い」を明確にします。「心身にバランスを取り戻した状態で目標やゴール設定をすること」これが大事なポイントです。以前の目標やゴールは、「あなたが本当に望む状態でないときに頭で考えたもの」=「もう必要ない古いエネルギー」である可能性があるからです。あなたの内側に意識を向け、あなたの身体がそれを感じたとき、「あなたの本当の願い」が思考を超え、インスピレーションという形で現れるからです。

心理的な課題解決の場合は、人生を本気で変えたい、どれだけ自分と向き合ってきたかによってこのプロセスに違いが生じます。「音叉ヒーリング」を受けながら、ゴールに至るまでのプロセスを感じ、あなたの人生の目的に合った解決策やインスピレーションを受け取っていきます。出てきたインスピレーションとこれまでを「統合」する作業を通じて「方向性」を定め、そこにゆだねていきます。一定期間、音叉ヒーリングを受け、あなたの身体が必要とする周波数を取り入れて、感情を洗い流す。そのプロセスを通じて、心が柔軟になり「高い視点」から問題を解決するしなやかさがでてきます。

物事は、森羅万象、太陽と月で表されるように、全て「陰と陽」で成り立っています。あなたのライフヒストリーを紐解くとき、問題と思ってきたことの中に、「コインの表と裏」のように、人生で自分がやるべき課題がセットで組み込まれていることにだんだん気づいていくでしょう。

続きはまた今度。

 

キャリパースの世界観も合わせてご覧ください。

「音叉ヒーリング」&個人セッションはこちら⇒未来展望コンサルティング

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

 

 

 

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です