明月院に舞い降りた「一文字蝶」♪

北鎌倉、明月院。山里にひっそりと佇む禅寺。軽井沢を思わせる小路に、早朝から静かに並ぶ人々。院内に一歩足を踏み入れると、”アジサイブルー”がやさしく出迎えてくれました。

北条時宗の建てた寺院の一つですが、現在はお寺は無くなり明月院だけが残されています。境内には細い散策路が続き、歩くごとに変化する眺めを楽しむことができます。令和を象徴するような、慈悲の心を持って、調和をもたらす。人々をやさしく照らす”月のような女性美”の象徴が、随所にちりばめれれて本当にキレイです。「悟りの窓」やアジサイブルーを抱かれたお地蔵様、院内の至る所に見られる”丸みを帯びた風情”にほっこりと癒されるひととき。

ショウブと「悟りの窓」

アジサイブルーを抱かれたお地蔵様

光り輝くやぐらの前の庭を眺めていたら、梅の木に蝶が舞い降りました♪茶色に白い線がくっきりと描かれているので、どうやらアゲハ蝶の一種。「一文字蝶」のようです。最近は、蝶を良くみかけることが多く、先日は朝から黒いアゲハ蝶が頭に止まってびっくりしました。また、夜の交差点で突然、白い蝶が目の前に現れたり^^。蝶は、仏教では「輪廻転生」の象徴とされ、「再生」「変化」「喜び」の象徴と言われているようです。禅寺で令和を代表する梅の木と蝶に出会えるなんて、縁起が良いですよね。

お寺の清々しさも手伝って、お庭の”梅の木に舞い降りた蝶”がすごく神聖なる存在に思えました。その雅な美しさにうっとりして、思わず「キレイですね~」って声をかけてしまいました。キレイという「言霊」に反応してくれたのでしょうか?すると・・どうでしょう。向きを変えて、ゆっくりと美しいお姿を見せてくれたのです。”令和の始まり”を祝う舞にも見えます。まさに、奇跡のような瞬間でした!!思わず、「色々見せてくれて、ありがとうござます♪」とお伝えしました。

令和を祝う!?「梅の木に舞う蝶」。全ては一つ。ワンネスを伝えているように見えます。

毎日がシンクロニシティの連続です。ふとした瞬間に現れた女神。

思い出すのは

~「現在の瞬間、それは力強い女神である」 ゲーテ~

 

生命の神秘。授かった”命”に感謝。合掌。

今、この瞬間、自分に意識を向けて

自分にも”素敵だねっ”て声をかけてあげる。

新しい自分になって、あなたも羽ばたいていけますように。

 

蝶による”禅的な和”が出現⇒禅から学ぶ:人生の「主人公」となって輝くヒント

”蝶の舞”が思い出させてくれた⇒「今、この瞬間、自分とダンスする♪」:ピアノ音源もご覧ください。

 

自分に目覚め輝く人生に「未来展望コンサルティング」

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です