”怒り”の感情を解放する~音叉ヒーリング①~

新緑がまぶしい季節になりましたね。5月の連休明けは、バランスを崩しやすい時期でもあります。イライラしたり、なぜか”怒り”の感情がでてくるなんてことはありませんか?いつも冷静な人でも理性の間をするりと抜けて、抑えられない感情がとめどなくでてくる・・あなたが”怒り”を感じるとき、それは誰に向けられているでしょうか?自分でしょうか?誰か他の人にうまく伝えられなくてモヤモヤした感情からの”怒り”でしょうか?

自分に対して向けられた”怒り”は、ときとして、自分の体内に”毒素”をためこむことになります。例えば、仕事のイライラをため込んだまま食事をすると、肝臓や胆嚢を痛めたりします。これに、アルコールが加わると、肝機能障害に繋がることもあるのです。怒りの感情は、肝臓や胆嚢と関連しているからです。1時間激怒した人の唾液を付着したマウスが全滅したという実験もあるくらいです!

もし、あなたの”怒り”の感情が他者に向けられているとしたら、相手に爆発してしまうことになるかもしれません。誰にだって、”怒り”の感情はあるもの。何かささいなことがきっかけで、”怒り”の感情がわいてきたり、なぜその感情がわいてきたのかさえわからないときもあるでしょう。実は、引き金になったことは、あなたが見たくないと思っていることや、過去の記憶が再生されたのかもしれません。

そんなときは、なるべく早く、”怒り”の感情を解放するようにしてあげましょう。今回ご紹介するのは、森羅万象を表す5行音叉「木」(もく)についてです。この音叉は、1024Hz、肝臓と関連しています。それぞれの音叉が臓器の周波数を整え、”ネガティブな感情を打ち消す”働きをしてくれることについてはすでにお伝えしましたが、「木」の音叉は、”怒り”の感情を解放するのに有効です。音叉ヒーリングによって、右脳と左脳のバランスを整えることはもちろん、感情のをつかさどる「大脳辺縁系」の働きを抑制して、前頭葉の働きを優位にしてくれます。

■「木」のメタファー、本質は何か?

以前、森林セラピストとして森林セラピーロードを案内し、木や自然からたくさんのエネルギーをもらってきました。熊が出没するようになってからは、すっかりご無沙汰しています^^;。実際にハイキングロードを歩く中で、「表皮に傷があったり、立地条件の悪い場所でもけなげに生きる木々たちの姿にすごく癒された」という感想が印象に残っています。

木々の緑に癒される・・そのことはあなたも実感されていることでしょう。では、あなたは木からどのようなことを連想しますか?樹齢100年という大木でしょうか?枝から生じる葉っぱでしょうか?木は昔から人に似ていると言われてきました。古代から地に根を張り、枝を広げ、成長していくシンボルとして、木は「意欲」につながるとされてきたのです。

実は、そこにヒントが隠されているのです。”怒り”の感情は、オーバーエネルギー状態であると言われています。あなが”怒り”を感じるとき、何か過剰に反応したり、たくさんの責任を抱え過ぎていることはないでしょうか?「私をわかってくれない」「やることがたくさんあってどれから手をつけたらいいかわからない」「自分はたくさん仕事をしているけれど、周りの人はやってくれない」など。そんなときは、人生で「解毒」を必要としているときかもしれません。これまで、”怒り”を感じていても、その感情を抑圧して、表面的にうまく取り繕ってきた場合は、「涙」として流れたり、相手への「爆発」という形ででてくるかもしれません。

多くの場合、その叫び声といえる中に、あなたの「心からのメッセージ」が隠されているのです。

あなたが「心から望んでいる状態」はどのようなことですか?

あなたが「本当に伝えたいこと」は何ですか?

あなたが人生で「目指したいこと」は何ですか?

あなたの「心の声」に耳を傾け、その”感情”を丁寧に扱ってあげること、そして、そこからの”想い”や”願い”を「意欲」につなげることで、解放に向かうことになるのです。

■意外と多い「罪悪感」とセットになっているケース

セッションでは、お客様に「2本の音叉」を選んで頂くのですが、事前にお話を伺って、パッと私が思いつく「2本の音叉」とお客様が選択される「2本の音叉」は一致することが多いです。いつも同じ音叉であるとは限らず、特に”怒り”の感情を抑圧されている方、感情マネジメントを課題とされている方、季節の変わり目などその時期になると感情が抑えきれないといった場合、1本目にこの「木」の音叉を選ばれることが多いです。

「なぜだかわからないけれどイライラする」「いつもできていることがなぜかできない」といった場合、知らず知らずのうちに自分を責めてしまうことがあるので、罪悪感を伴う感情を打ち消す「金」(こん)の音叉を2本目に選ばれることが多いです、「金」の音叉は2028Hzあり、周波数が高い音叉です。首から上が疲れている、スマホによる情報がきっかけとなってイライラしてきたというケースにも有効です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記は、木と金の二本の音叉のサンプル音源(約1分間)です。木の音叉がネガティブな”怒り”の感情を解放し、金の音叉が罪悪感を溶かしてくれます(”き~ん”と響く少し高い音です)。∞を描きながら音叉を鳴らした倍音で右脳と左脳のバランスを整えてくれます。

「音叉ヒーリング」によるセルフケアの方法については、下記をご覧ください。

水鳥のように自由になる~音叉ヒーリング④~

 

次回、”怒り”の感情を「意欲」に変える具体例についてお伝えします。

音叉ヒーリング個人セッション&人生の目的、価値観を知る⇒未来展望コンサルティング

 

(株)キャリパース代表
心×才能 可能性を拓く専門家
伊東明子

 

 

 

 

 

Follow me!

職場のメンタルヘルス:「マインドフルネス」研修のご案内

感じ取る「身体創り」で心に調和を!

職場ですぐに使える!「セルフケア」 ~禅+マインドフルネス瞑想~
音、リズム、呼吸法によるリラクゼーションワークで
「思考」からインスピレーションへ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です